最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

布ぞうりsisters

㈲黒井組

ここに来る前のくろぐろブログ

2017年8月17日 (木)

弟子1号のかご。

ただいま同じかごを作っていますup

弟子1号のかごがこれgood

Img_0327

Img_0329

同じ底の大きさで、同じ太さの編みひごで編んでもこんなに形が違ってきましたshock(下のはクロスケ作)

Img_0311

Img_0330_2

Img_0331縦31センチ、横24㎝程の大きさになりました。

なかなか可愛いかごになりそうです。

Img_0321 弟子3号は先に完成していて、ただ今籐ひも巻きの真っ最中です。

これは以前G師匠が途中まで編んでいた、おなじ様な四角かごです。未だ未完成のままですがsweat01

Img_0317 竹の色がこうしてだんだん変わってくるのも又味があって良いものです。

色が変わると言えばこれ、これshock

Img_2097 竹かごから帰った次の朝方、つまり日曜の早朝のことです。

なにげに自分の手を見てみると、右の手の甲が打撲恨のように紫色に変わっていましたshock

なんだこりゃ??と自分自身がびっくり仰天shock

いつ、どこで、こうなったのか全く解らず不可解な事この上ないのですcoldsweats02

でも一部分を押さえてみると、痛みがあり、少し腫れているので、おそらく何かにぶつけたか、竹の時竹包丁の柄かなにかで打ったのかなと想像してみましたが、全く思い当たりませんsweat01

これだけ紫色に変わっているのに、どこで打ったかも解らない自分自身が怖い、クロスケでしたsweat01

2017年8月16日 (水)

お盆前の竹かご作り。

12日の竹かご作りgood

台風一過の後も蒸し暑さは変わりなく、ホントに閉口しますsadsweat02

日々の仕事は1日中エアコンの効いた室内なので、竹かごの日はぐったり疲れます。

ま、これだけ思いっきり汗かけば、身体の為にはいいかもです。

おやつも、すいかにアイスapple

食べ過ぎですねcoldsweats01

さて、ご注文のかご製作up

Img_0302 2回目の編み直し後のかご。

やっぱり途中から丸くなってしまって、トホホsweat01

これではやっぱりイマイチだと思い、3度目の編み直し。

Img_0311

Img_0312少しはましになったでしょうか。

これで縁を付け、仕上げることになりました。

↓立ち竹の始末終わり。

Img_0314

Img_0322

Img_0323

Img_0324縁竹が付くと、とても可愛くなりましたheart04

手前味噌でしょうか(笑)

この後、底部分に補強の竹を入れ込んで完了となります。

そして弟子1号も編み始めました。

Img_0326 彼女はやっぱり上手いです。弟子1号なはず(笑)

最初、四隅の立ち竹が寄っていたので、広げながら編まないと、だんだん狭くなってくるよ、とG師匠が老婆心、いやいや老爺心(?)、で何度も何度も口を挟んでいましたsmile

弟子1号は大丈夫ですよって言っても、聞かずに・・・。

そして編み上げが進んでいくと、弟子1号が言ったとおり、綺麗にすっと立ち上がっていました。

きちんと四隅が立っていて、四角形に編み上がっていましたヨconfident

弟子1号はこの編み方には定評があり、T師匠も認めていたのに、G師匠曰く

「自分が注意換気したから、上手いこと編み上がったんだ」ってcoldsweats01

「はい、はい」と言っておきましたsmile

それにしてもご注文は4個なのに、編み手がそれぞれで、形が少しずつ違うのも変ですよね~困ったモンだsad

2017年8月 9日 (水)

穏やかな世界になりますように。

今日は72年前、長崎に原爆が投下された日です。

5月に社内で旅行した時の長崎の街は美しく、残酷な原爆のなごりはどこにもありませんでした。

が、未だにその後遺症で苦しんでおられる方は沢山いらっしゃるのが現実です。

Img_0094

クロスケの父は、もうすでに無くなっていますが、ちょうど広島に原爆が投下された時、呉の軍港近くの船上であのキノコ雲を目撃したのだそうです。

もしも、もしもその犠牲になっていたなら、ここでこうしてクロスケも存在しないわけで、我が息子達も又しかりです。

11時頃、平和台のサイレンが市内に鳴り響き、黙祷を捧げました。

平和で穏やかな暮らしが何時までも続きますように・・・。

2017年8月 8日 (火)

月の綺麗な夜でした。

昨夜は台風一過、風が少し強く吹いていましたが、日中良く晴れたので、夜も綺麗な空でした。

なんかゴミとかがいっぺんに洗われたような夜空で、お月様が綺麗でしたfullmoon

Img_0304 この写真じゃ、全く解りませんね、お月様の美しさsweat01

でも満月は今夜だそうで、きっと美しいお月様が今夜も見られることでしょう。

夕べ本を読みすぎて、午前様になってしまって焦りましたsweat01

早く寝ないと、朝が辛いからと思い、寝ようとするけれど、なかなか寝付けない、厭な夜でした。

あまりにも綺麗なお月様を見過ぎて、コーフンしてしまったのかもです(笑)

そして案の定、朝遅刻すれすれの時間に家を出て、10号線に交わるところで信号停車していると、後の車がクラクションを鳴らすのです。

なんだなんだhappy02

ワタシに誰が、何の用??catfaceと思ってバックミラーを見ても逆光線で全く誰だか不明。

しかたなく振り返ってお顔を拝見してみれば、なんと中学校の同級生のKクンでしたcoldsweats01

同じ市内に住んではいるのですが、こんな時間に、こんなところで会うなんて奇遇です。

狭い宮崎です。

窓を開け、オハヨーのご挨拶happy01

何だか最近同窓会づいてるなぁ~と思うこの頃ですconfident

2017年8月 7日 (月)

竹かご作り・・・バック入れるかご作り。

台風ににらまれている土曜日でしたが、竹かごに行ってきましたtyphoon

のろのろ台風だったので土曜日はまだ、そんなに影響はありませんでしたからね。

Img_0295 この日は弟子1号お休み、T師匠はお昼からだったので、昼食は3人きり。

弟子3号の当番日、そうめんに掻き揚げでした。

おやつに戴いたイチジクをコンポートにして持参したのですが、写真取り忘れcoldsweats01

バニラアイスと一緒に赤ワインで煮たイチジクはコントラスト、共に美味しく戴きました~heart04

Img_0292 さて、バックを入れるかご作り。

今日は編み始めです。

そうしたらさっそく弟子3号編み(とばし目で編んでしまう失敗を、竹遊庵ではこう呼んでます)をやってしまいましたsweat01

又ほどいて編み直しですgawk

Img_0293 底が編み終わりました。

これから立ち上げです。

Img_0299 ここまでは立ちひごもまっすぐに上を向いていてなかなかよかったのですが、ここから先がいけませんでしたgawk

四隅を少し開き加減で編めば良かったのに、だんだんしぼんできて、とうとう編みひごが通り辛くなってしまい、あえなく又この写真迄くらいにほどかざるを得ませんでしたshock

午後から編んだ分は全部徒労wobbly

結局、日曜日に編み直しでした。

ま、台風で家から一歩も出られなくて、ちょうど良いっていやあ、ちょうどよかったのですがネbleah

Img_0301

Img_0302で、編み上がったのがこれですgood

途中までは良かったのですが、やっぱり少し尻すぼみになってしまって・・・・。

T師匠の作品に比べたらちょっとこぶりになってしまいました。

T師匠のは上の方のかご。

さすがに立ちひごがまっすぐ上に立ち上がり、綺麗です。

下のは弟子3号作品です。

ただどちらも編みひごの幅が、クロスケのひごよりも幅広なのです。

クロスケのは2.3㎜幅、T師匠のは5㎜程あったでしょうか。

それだけでもできあがりの雰囲気が随分違ってくるのはあるのですが・・・。

Img_0297

さてさて、完全に仕上がったらどんな感じのかごになるのでしょうか~up

2017年8月 4日 (金)

台風と同窓会のその後。

8月4日。

台風5号が奄美の近海にまで進んできましたtyphoon

困ったモノですthink

九州北部は先月も豪雨に見舞われ、壊滅的な打撃を受けたというのに、この台風が上陸すればどんな事になるか、本当に心配です。

難なく通り過ぎてくれますように。

Img_0290 突然雨が激しく降ったり、やんだかと思えば日が射したりと変化に富んだ天気ですtyphoon

さて、同窓会のその後の話。

中学校、高校と一緒だった男子、仮にY君としときましょう。

Y君は片腕に障害があり、右手しか使えませんでした。

でもスポーツも、勉強も、そして性格も何も臆することなく、廻りの同級生だって、その障害を普通に受け入れて気にすることすらありませんでした。

高校卒業と同時に、どこに進学したのか、就職したのか聞くこともありませんでしたが、この同窓会で何十年ぶりに会いました。

相変わらず明るく、楽しいY君でした。

そしてふと高校の時、教育実習生として我が母校にいらっしゃった先生が、ホントに偶然に我が社のそばにいらっしゃるのを思い出し、話してみると、元先生も、Y君のことを良く覚えてくれていたことが発覚。

すぐにクロスケはY君にその旨伝えると、Y君もとても感激してくれました。

で、一体Y君今まで何をしてトウキョウで暮らしてたの?という質問に、自分の仕事をファイルで送るから、元先生にも渡してというので、受け取りました。勿論クロスケの分も送ってくれました。

Img_0291 Y君、グラフィックデザイナーなるものに、なっていました。

そして自分の会社まで作って・・・。

そういえば昔から絵が上手かったしなナ、と納得up

自分の得意なことを仕事にして、生かして、努力して才能を磨いたんだんですね。

還暦の今は、もう何だかゆったりの暮らしぶりがうかがえました。

クロスケなど、未だにあくせく働いているというのにhappy02

「仕事が合って、仕合わせネ」と送りましたら、

「仕合わせ」って、なかなかいいねと返事が来ました。

ホントに嬉しいと思った出来事でした。

2017年8月 3日 (木)

汗をたらたら流した後は・・・。

乾杯ですbeer

Img_2067 これに勝る物はないhappy02

昔からの友人とその娘ちゃんに弟子1号と4人で創作フレンチのお店でしたwine

Img_2069

Img_2070

Img_2075お店の名前が付いたサラダに、パテとパンのセット、里芋のアンチョビ炒め(?)などなど美味しそうなものを沢山戴いたのですが、この牡蠣を注文するかどうか迷いに迷って、結局最後に3人だけ思い切って注文しました。(弟子1号は牡蠣を食すとおなかを壊すそうで)・・・みんな貧乏性でsweat01

もう絶品heart04

最後に、食べといて良かったね~~、後悔するとこだったわ、というくらい美味しい牡蠣でした。

口に時として残る生臭さが全くなく、さわやかでした。

北海道産ということでしたlovely

延々と女子4人でしゃべりまくり、食べまくり。

その後も歌いまくりkaraoke

友人の娘、Sちゃんもよくこのおばちゃん達に付き合ってくれるよね、感心ですhappy02

で、ここまで出かけてくるまでにひとつ騒動がsmile

この日は宮崎市、えれこっちゃ祭り宮崎、というお祭りイベントが開催されていて(我が社のシャチョウもJC会員として、JC太鼓などに参加しました)、橘通りが午後6時より歩行者天国となり、バスのコースが変更になったりと、混雑していました。

そこで聡い弟子1号が事前に色々調べてくれて、クロスケの家近くの国道10号線のバスで行くよりも、弟子1号の家近くのコースを通るバスの方が早く行けると試算してくれました。さすがきっちりちゃんの弟子1号でした。

で、感心しつつバスを待っていると、ふと違和感が・・・。

なんと向かい合って話していた弟子1号の肩付近、着ていのは花柄のチュニックだったのですが、縫い目がずらっと並んでいるではありませんかcoldsweats01

つまり裏返しに着ていらしっしゃったのですhappy02happy02happy02

道路は多くの車が行き交う脇の歩道で、二人大爆笑smile

それでなくても暑さでお化粧がはげ気味なのに、この時点で全くの素顔になってしまいましたsmile

その後、駐車場の車の陰で裏表着直した弟子1号は、難なくすましてバスに乗って出かけていきましたsmile

何でもきっちり理詰めに思案する弟子1号ですが、こんなに抜けてるギャップがもう笑えるという、本日のおオハナシ、でしたhappy01

2017年8月 1日 (火)

竹かご作り・・・ただ一心にひご作り。

7月の初めにご注文頂いた、かごつくり。

底の部分はとりあえず4個できあがりましたので、今日は編み上げのひごつくりup

そのうち1個はT師匠が作って来て下さいました。

Img_0275

シンプルな四角かごです。

Img_0277_2

とりあえず、こんな感じでと思うのですが、もう少し浅くてもいいような、悪いような。

このT師匠のかごは真ん中あたりのひごは結構太めに作ってありました。

クロスケは幅2㎜のひごで編んでいこうと思います。

Img_0282 弟子1号もせっせとひご作り。

この日は5m程の結構な長さの竹を割り、ひご作りでした。

丸のままの竹を割って、割って、裂いて幅2㎜ほどのひごになるまで、ただひたすらに・・・。

無心で手だけを動かして、汗も噴き出る程だけど、ひごが完成したときの満足感はたまらなく気持ちの良いものですheart04

Img_0283 弟子3号はもう編み始めています。

最初、山路編みで、とも思ったのですが、立ちひごの何らかの法則で、右上がりになったり、右下がりになったり、はたまた最初から一目裏、二目表の法則にならなくてそろってしまったりと不思議だったのです。

Img_0279

それをなんと、探求心の強いF師匠が謎解きをしてきて下さいましたup

物事って、数学なんですね~~note

F師匠の頭の良さには、脱帽ですwobbly

右上がりでもなく、右下がりでもなく、編み目がそろうとき、一目ごまかして編めば右上がりに編めるんじゃないの、とはG師匠の弁。

これまたG師匠の性格を、的確に表しているみたいで実におもしろい時間でした。

昔の人はそれをちゃんと解っていたのですね。

いやぁ~、奥が深いcatface

 

2017年7月31日 (月)

真夏の竹かご作り。。。。暑い・・・・。

2週続けて野暮用があり、竹かごをお休みしていたので、久々のこの竹遊庵の暑さと来たら、身体に応えましたbearingsweat01

暑いときは、庭の方の結び手の木の下での作業となるのですが、この日は風もなく、暑いことと言ったらありませんsweat01

汗が顔から噴き出てきて、滝のように流れる、という形容がぴったりな土曜日でしたsad

Img_0281 暑いときのおやつはこれに限りますgood

あのぼんたん飴で有名な、セイカ食品の「南国シロクマ」heart

で、本日の給食当番はクロスケで、冷や汁、鶏肉と卵のさっぱり煮、きゅうりの麹漬け、でしたup

(写真取り忘れ)bearing

冷や汁もそこそこの家での味という物があるんでしょうけれど、皆さんのご家庭では何入れますか??

まずはいりこの頭と腸を取って、から煎りしてすり鉢ですりつぶして、ごま、豆腐もすりつぶして味噌を入れ、キュウリ青じそ、ネギを薬味で戴きますが、なんだかさっぱりしたお汁になりませんcoldsweats01

聞くところによると、ごまは入れないとか、豆腐はお手々でつぶす程度とか、それならさっぱり系の冷や汁になるかもですね。

Img_0278 そしてこの日は、久々に弟子1号と会ったので、車でお迎えに行ったときから話に夢中になってしまって、待ち合わせの駐車場で弟子3号を拾う事を、すっかり忘れてしまいましたshock

ひとしきり走った後、もう竹遊庵が其処まで近づいたときに、弟子3号から連絡があり、置いてきぼりにしたことに気づきましたshock

ごめんね、弟子3号。この暑い最中に30分も待たせてしまって、弁解の余地もありませんでしたsweat01sweat01

弟子3号はプンプンhappy02

さて、竹かご作り。

Img_0273

Img_0274麻の葉編みのかごに足をつけてもらいました。

水切、よさそうですup

そして本日は珍客がありました。

Img_0272 ここの近所の小学生がふらりと一人でやってきました。

夏休みですからね。

それが又良くしゃべる子で、最初は物珍しく、可愛くて、誰彼と話しかけていたのですが、そのうちみんな竹ひご作りに専念すると言葉少なになり、話すのが面倒になってきました。

これがまた話し方が妙に大人びていて、参りました。

ようやくお昼近くになって帰っていきました時には、みんな内心ホッとしたのです。

過ぎたるはなんとか、っていうアレですねsmilesweat01

2017年7月28日 (金)

竹かご作り。

なんだかんだと忙しく、竹遊庵に足が遠のいていますsweat01

2週休んで、明日は久々の竹かご作りですup

張り切って、といいたいところだけど、暑いんだろうなぁ~~sad

水分補給、塩分補給を怠りなくしなければpunch

さて、随分前に作り上げていた麻の葉編みのかごですが、籐ひもの縁巻きがまだでしたwobbly

足をつけてもらわねばならないので、明日までには・・・と思い、ようやく昨日の夜、仕上げましたsweat01

Img_0267 何だか日が経つにつれ、又円形が楕円になってるんですが・・・・sweat01

もうしょうがないか、ということで、縁巻き始めました。

Img_0268_2スタートしました。

20ヵ所程縛って結んで、という作業に約2時間もかかってしまいましたsad

一番苦手な作業なのですsweat01

Img_0271 終わってやれやれというところです。

茶碗かごに、いい感じですlovely

Img_0269

母達や息子達が帰ってきたので1週お休みし、3連休は楽しくもバタバタでしたbleah

やれやれ楽しい日々も過ぎて、又普通の毎日と思いきや、次の週末、先週ですね、実家の方の親戚のお葬式で帰省。土曜日に宮崎に帰って来てほっと息つく間もなく、今度は野尻の方でお葬式と、忙しい週末でした。

今週はまともに竹遊庵に行けるし、みんなの顔も拝めるし、おしゃべりも一杯できるし、楽しみ、楽しみup