最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

布ぞうりsisters

㈲黒井組

ここに来る前のくろぐろブログ

2018年2月19日 (月)

梅とオリンピック。

cherryblossom日差しがだんだん春めいてきましたsun

庭もそこかしこ、うららかな春の陽気に包まれています。

あまりの陽気に誘われて、日曜日、阿波岐原森林公園の梅園に行ってきましたhappy01

Img_2482

Img_2487

白梅も紅梅もまさに満開の時を迎え、甘い香りが漂っていました。

ここで一句、読みたいところですが、残念ながらたしなみもなく、ただ、「綺麗ね}の連発のみsweat01

何という語彙の少なさかwobbly

我ながら残念ですsweat01

園内には多くの見物客がおいででした。

本当に美しい梅の花。

今年の冬はことのほか寒かったので、あの寒さを乗り越えて、ここまで見事に咲いてくれたかと思うと感謝あるのみ。

Img_2489 (この週末はとても良い天気でしたsun)

羽生(はぶ)が負けて羽生(はにゅう)が勝った週末でもありましたね。

私達は土曜日、竹遊庵だったので、ラジオ観戦しかできなかったのですが、羽生選手達の出番が始まるともうどきどきで竹かごどころではありませんでした。

ラジオを集中して聞きたいのに、親切心からF師匠が鉄線編みの解説を一心不乱にしてくださるのですが、今はやめてよ、うるさい、と言うにも言えずsweat01

小平選手もお見事。

みんなこの若さですばらしい。

この若さがすばらしい。

一体自分はこのころ何をしていたのかしらと、ふと思います。

何かにこんなにも一所懸命頑張り続けたことがあったかしらと・・・。

心の底から頑張って、と応援続きのこの頃ですconfident

 

 

2018年2月16日 (金)

古嶋でランチ。

12日の振り替え休日、キャンプ見学の後、綾町の古嶋さんに久々行ってきましたriceball

Img_2474 この他にダイズグルテンで作ったチキン南蛮風、生野菜たっぷり添えのお皿があったのですがそれは撮り忘れsweat01 真ん中に見えるのは豆乳で作ったシチューだったかな?

口当たりなめらかで、茶碗蒸しと共にとろっと美味しく戴きましたが、なんと言ってもここは玄米ご飯が一番美味しいのです。

でも食べ過ぎておなかぱんぱんsadになるのが困りものですwobbly

Img_2473食前に、みかんが入ったスムージーがでたのですが、頂き物のみかんもこんな風にして飲めばいいんだな、と納得。

Img_0635 このところ、ありがたいことですが、柑橘類の頂き物が多く、この前は大家族の姪っ子に袋毎もらってもらったのですが、再び、文旦、いただきましたsmilesweat01

色は日向夏のようですが、やや大きめです。

中身はスムージーで、皮はピールにしてもいけそうですup

2018年2月15日 (木)

ソフトバンクホークス、キャンプを見に行く。

球春を迎えてる宮崎ですが、寒すぎるsad

日曜日、弟子1号に誘われて生目の杜運動公園に行ってきましたbaseball

Img_2462

Img_2472天気は良かったのですが、何せ西風が強く寒いの何のってtyphoon

人も多い中、初めてキャンプの雰囲気を味わってきました。

Img_2465

Img_2464ホークスビレッジと銘打った出店が、宮崎の美味しいモノをたくさん並べていましたup

あれもこれも食べたいと思ったのですが、ぐっと我慢smile

その中で目に止まったモノがこれup

Img_2471

Img_2470チーズ饅頭を売っている出店のお母さんだったのですが、何よりもこの古布のパッチワークで作ってある綿入りのスカートheart04

年の頃は70代前半かな、とお見受けしましたが、今までに20着ほど作られているそうで、これをはいて綾の骨董市を歩いていたとき、高値で売ってくれと声をかけられる事もあったそうな。

私達も昔はパッチワークに身を焦がしていたことがあるので、このスカートを見た途端、反応してしまいましたlovely

この写真を撮らせて頂く為に、チーズ饅頭7個、買いました~~(笑)

寒さをものともせず、歩けば何かに当たるものですhappy02

竹かごを始める前の、弟子1号とのあちこちの街歩き、山歩き、久しぶりに感覚を思い出した日曜日でしたconfident

2018年2月13日 (火)

もつ鍋で一杯。

寒い寒い夜。

宮崎の夜も凍るほどの冷え込みが続いていますが、こんな寒い夜は暖かい鍋で乾杯bottle

Img_2461 もつ鍋。

暖かいものを戴くと、身体も温まる。

話も弾む。

心も温かくなるheart04

2018年2月 9日 (金)

完熟きんかん「たまたま」。

Img_0634 完熟金柑「たまたま」、友人から戴きましたheart04

傷物だけど、甘露煮にするには全然問題ない金柑をくれるという話だったのですが、家に帰ってみれば甘露煮用きんかん2㎏と、完熟金柑「たまたま」が入った袋がベランダに置いてありましたlovely

早速金柑好きな我が友、弟子1号にもお裾分け。

Img_0633 新鮮だったので、煮てみるとホントに綺麗な透明感のあるものになりましたnote

そのまま食すことのできる「たまたま」もとてもおいしく頂きました。

持つべきものはやはり、気の置けない友人heart04

2018年2月 7日 (水)

2月3日の竹かご作り。

Img_0624

Img_0625これはF師匠の作品です。

奥様からのリクエストで、ランチョンマットheart

仕上がりが楽しみです。

こういう細かい竹編みはF師匠の得意分野ですからねwink

そしてこちらは弟子6号さんの2個目のかご。

完成したようですが、ただ編んだだけで、他は何もしていないので、自分の作品なんて言いにくい、と弟子6号は謙遜していましたsmile

私達も最初はみんなそうだったんだよ~~、と言いながらふと最初の頃を思い出しました。

G師匠が3人分の籐ひもはもちろん、様々な道具も手作りしてくださり、今思えば本当に感謝、感謝です。

それを忘れて生意気な口をきいていることに、弟子1号とクロスケ、ちょっぴり反省しましたhappy02

Img_0627

Img_0626弟子6号さん、手作りの竹包丁ケースheart04

何と可愛い刺繍が施してありましたlovely

意気込みが感じられますなぁup

長く続けられますように。

2018年2月 6日 (火)

竹遊庵・・・炭焼き。

2月3日の竹遊庵scissors

Img_0629

Img_0630

Img_0632新しい炭焼き釜です。

勿論、廃材利用の釜。

以前の場所が隣家に煙が直撃するらしく、苦情が出た為、場所を移して新しくなりました。

細工に使った残材の竹の節などで、G師匠が炭を焼いてくれます。

ここで煮炊きをする分には十分の量です。

燃やしすぎてもいけないし、燃えなくてもいけないし、なかなか程々というのが難しいようです。

底の方にはちゃんと空気吸い込み口が付いているので、上手いこと炭になるようです。

ホントに知恵がありますG師匠up

労力をいとわず、ホントによく働かれる方confident

見習わなくては、と思うばかりで・・・・。

2018年2月 5日 (月)

竹かご作り・・・2月3日、節分。

ようやく節分、明日は立春となりましたが、相変わらず寒い今年の冬ですsnow

この日の竹遊庵も風があり、寒いことと言ったらありませんdespairsweat01

一週間、ぬくぬくとした部屋で仕事をしていると、週末のこの吹きさらしの環境に身を洗われる思いです。

弟子6号がいつも口にする言葉、「一週間の仕事で汚れたココロが、ここで癒される」、と言う感じ。

何となくわかりますが、とても穏やかな弟子6号がそういうのがとても可笑しいし、不似合いなのですが、仕事はやはり厳しいですからね、わかりますconfident

そういうふうに、ここ、竹遊庵を褒め称えるので、G師匠はことのほかご機嫌ですsmile

さて、竹かご作り。

Img_0618 これは他の日の弟子さんの作品ですが、径1mもあろうかという大きな干し物ざるです。

これの製作の為に、わざわざベニヤ板がテーブルに乗せてありました。

Img_0621 本日の給食当番はクロスケ。

豚汁にキュウリのおつけもの、そしてこの日は初めて鯖を焼いてみようと思いました。

実際焼いたのはG師匠だったんですが、とても綺麗に焼けました。

以前誰かがサンマを焼いた際、炭火でね、廻りだけ焦げて、中身は半焼けって感じでとても食べられたものじゃなかったので、あれ以来炭火はあっても魚を焼くことは誰もしなくなりました。

でも、豚汁を作るのに何がいいかって、この日は焼き魚しか思いつきませんでした。

Img_0622

そしてこの日はばっちり綺麗に焼けましたnote

前日、頂いた大根があったので、大根下ろしも存分にでき、又この大根の美味しかったことup

それにゆずをしぼって、いただく。

5人で美味しく戴きましたup

そうそう、弟子5号さんが、仕事の都合と家庭の事情で、残念ながらやめなくてはならなくなりました。

なので又土曜日の竹遊庵、5人になったのですsad

続けることはなかなか大変です。

気持ちがとぎれることもありますのでね。

それを言えば、弟子1号とクロスケ、この3月で丸6年続いてますup

春からは7年目に入るのです。

2人でパッチワークに日向まで通ったり、様々な趣味をやってきましたが、これほど長く続いているのは初めてかもです。

Img_0620 庭のセンダンの木。

実を求めて多くの野鳥がやってきます。

のどかな竹遊庵ですnote

2018年2月 1日 (木)

南の国だけど、「北の国から」。

今日から2月です。

寒いですね~~snow

同窓会Lineでは、また雪景色が送ってきました。

五ヶ瀬町、昨夜来の雨が、向こうでは雪だったようで、再び雪景色になったようです。

Img_2439

Img_2440

これで、同じ南国宮崎県ですupsnow

暮らしも大変ですsweat01

暦の上では、春が近づいていますが、まだまだ寒さ厳しいようです。

Img_0616

Img_0617気の早いお客様からは、立春に戴く恵方巻、頂きましたup

一足早く、南南東を向いて頂くことにしましょうかheart04

2018年1月30日 (火)

竹かご作り・・・寒い1月最後の土曜日。

ホントに寒い土曜日でしたsnow

Img_0604 竹遊庵の水桶に氷が張っていて、写真を撮ろうとした瞬間にG師匠が割ってしまい、残骸のみcoldsweats01

Img_0605 弟子6号、2個目の買い物かご。

「「おっ、できたね~~2個目」と言うと、弟子6号、

「何だかいつの間にか出来上がっていて、自分は何したんだか分からない」と苦笑いしてましたhappy02

最初は作ってもらったひごで、編むのを楽しむ、と言った感じでしたね、私達もup

形になるととにかく嬉しいので、今度は自分で上手くやろうと思うのです。

弟子6号、ココに来るたびに感激してマスup

ここはいい。ここはホントに長閑で、気持ちの良い場所だから、1週間の仕事で疲れたココロが癒されると来るたびに言うのですsmile

確かに、竹遊庵と名付けた、ここ、G師匠の国富小屋は癒されます。

またまた良いメンバーに恵まれて、飲み会、花見、楽しいことが山程ですnote

Img_0608 こちらは弟子5号のかご。

底部分の指導中です。

Img_0613この後、帰る頃には弟子5号のかごもここまで編み上がっていました。

上手くできるといいですねlovely

Img_0614 本日の給食当番は弟子6号。

おでんに息子さん作のキュウリの即席漬け。

このきゅうりの即席漬けがごま油、ごま、醤油を入れ、乱切りにしたキュウリと袋でもみもみしただけの簡単なものでしたが、とっても美味しいup

早速上手い具合に昨日会社できゅうりを山程もらったので、クロスケもやってみましたが、これはいけないhappy02

ご飯が山程食べられます(笑)