最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

布ぞうりsisters

㈲黒井組

ここに来る前のくろぐろブログ

2018年10月18日 (木)

弟子6号の誕生日。

Img_0241 弟子6号の誕生日お祝い。

毎度、しん介さんにてwine

いつも弟子1号と、クロスケと2人で祝っていた「しん介」さんでの誕生日宴会を今年からは3人で持ち回りで(笑)やれるようになりました~~smile

でもこのところ弟子6号の周辺があわただしく、この日も疲れ気だったので、語りつつもあっという間に平らげて、9時過ぎには帰り着いたという素早いお祝い会でしたsmile

今度はゆっくり飲みましょうねconfident

2018年10月17日 (水)

竹かご作り・・・10/12の続き。

この日の弟子1号。

六目のワインかごつくり。

Img_0232_1 20本×20本×20本で60本作ればいいね、と2人で数えて師匠にも了解を取ってせっせと60本(実際はそれプラス10本ほど作ります・・・)作ったのです。

Img_0238 そしていよいよ六目編みに入りました。

これから先は??と師匠に尋ねつつ進めていたのですが、師匠自身まだ習ったばかりなので、イマイチの反応に、弟子1号困っておりました。

そうしながらも編み進めていたのですが、どうも最初の見積もりよりひごの本数が少なくて済みそうな気配になってきました。

どうやら2個分のひごを作ったようでしたhappy02

Img_0240_2 師匠、四苦八苦中upsmile

何だか不安な船出ですsweat01

上手くできるといいねsmile

クロスケが今のかごを作り上げたらこの六目かごを作ろうと思うので、それまでしっかり作り方、覚えていてくださいませcoldsweats01

2018年10月16日 (火)

竹かご作り・・・10/13日。

弟子6号、3個目の山路編みのざる作り。

これを7個作って差し上げたい計画があるのだそうです。

だけどこの日は少々疲れ気味で、集中力が途切れ途切れの状態でしたcoldsweats01

Img_0231_1

Img_0237編み上がったものを見て、みんなが

「ほんとに上手になった」

と褒めようとした時、編み面の、丁度中央付近の並びが浮いているところに目が集中してしまったsweat01smile

一目押さえ、二目飛ばしのリズムで編んでいくところを一カ所間違えておりました。

ところがそれが真ん中付近sad

もうとてもそれをやり直す気力はこの日の弟子6号にはなく、これはこれで仕上げて自分用に使うと開き直って(ゴメン)いましたwobbly

こういうことはクロスケも経験ありなのです。

間違っているのが端っこならともかく、真ん中付近だとそこまで編みほどく気力は、もうありませんからねhappy02

わかります、この気持ちsmile

編み終わった生地は円形に印をつけ、切り、縁竹を取り付けていきます。

2個、3個と出来上がるごとに段々綺麗に仕上がるようになってきましたヨ~~heart04

頑張って~~up

2018年10月15日 (月)

竹遊庵7度目の秋。

どこまでも青く、高く澄み渡った青空sunここ竹遊庵にも颯爽と秋がやってきたup

台風以来、蝉の鳴き声も全く聞こえなくなってしまいました。

土曜日の竹遊庵は冴えわたる空と、澄み切った空気、時折聞こえる鳥の鳴き声と、もうそれだけで気持ちの良い空間でした。

Img_0235_1

Img_0233今抱えているかご。

ひごの厚みがありすぎて、とても苦労していますsweat01

とりあえずここまで編んで、もう縁竹を付ける事にしました。

そして、孟宗竹で縁竹作りです。

まず十時に刃物を入れ、そこに十字の形をした木をはめ込み、その後トンカチでガンガンたたいて四等分に割ります。

(この作業は竹がスパッと割れるので、気持ちすっきりの作業です。)

そして皮を磨いて、竹包丁で厚みを取って、後は鉋で削り綺麗に整えます。

我ながらなんて勇ましいことup

Img_0239 でもこのたらしのかごは、立ち上がりがすっと真上に上がっていないので、縁竹を回すのに隙間ができたりして苦労しましたsweat01

この後内側の縁竹も何とか付けたのですが、どうなる事やらsad

柾でうまく隠れるといいのですがwobbly

2018年10月11日 (木)

ハレの日。

Img_0218_li

Img_0215_li

次男家族。

幼稚園の運動会応援にお嫁ちゃんのご両親が駆けつけてくださったそうです。

2人ともよく頑張ったようで、沢山の写真がクロスケの処にも送られてきました。

それに合わせて少々早い七五三も済ませたのだそうです。

明治神宮にて・・・2人とも大きくなりました

運動靴が見えますが(笑)

Img_0226_li_2

こちらは長男のおうち。

お昼にソーメンチャンプルの味付けをしているパパと並んでmovie

Img_0203

Img_0204

何気ない毎日の暮らしがあって、そして迎える

「ハレの日」の出来事でした。

2018年10月10日 (水)

竹かご作り・・・10月6日の続き。

ここしばらく抱えている、たらしのかご。

Img_1098_li 立ちひごの厚みが厚過ぎたせいで、編むのも大変だし、立ちあげるのももっと大変ですsweat01

ひご作りは大事だなぁと、今更思うクロスケでありますsad

Img_1097 しかも本来は内側にはあみひごの腹の部分、竹の身の部分が来て、外側に皮を出して編むのですが、それを間違えた上に、編む方向までいつもの逆になってしまって、もう大変sweat01

編みにくいことと言ったらありませんdash

それに中々立ち上がらないし、結局G師匠の言う通り枠をはめてみました。

Img_1094_2 おまけに四つ角が隙間が空きすぎるので立ちひごを入れないとバランスが悪いと言われ、立ちひごを刺したんですが、今度はござ目に編めないんですsad

Img_1096_2

一目飛ばしたりして編んでも見たのですが、だんだん編み目が汚くなるばかり。

ますます変になってくるのに嫌気がさし、又数段編みほどいてやり直しwobbly

Img_1102

四隅がちょっとすき間が空きすぎる感はありますが、随分立ち上がってきたし、このくらいで縁竹をつけようと思います。

G師匠は、もう少し編んだら?とおっしゃるのですが、もう嫌イヤだ~~coldsweats02

 

2018年10月 9日 (火)

竹かご作り・・・台風一過10/6日。

台風24号に引き続き、25号がまたまた週末の九州に襲来しましたtyphoon

今回は東シナ海の方に進んでくれたので、宮崎はさほど酷い事もなくすみました。

それでもおひとり、新聞配達の途中に、運悪く道路崩壊に巻き込まれて亡くなられた方がいて、先日発見されたようでしたね。怖いことです。

私たちの竹遊庵も、小屋の南側の大きい木が2本倒れていましたsweat01

そして庭の奥のこんもりとした森の中に鎮座していた氏神様が、やはり倒木ですっ飛んでいたそうですsad

風が強かったのがよくわかりました。

 さて、2週間ぶりの竹かご作り。

師匠を含むいつもの4人でスタートしました。

Img_1093 2週間分の話は尽きず、ついついコーヒー片手に長話。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

弟子6号の煎りたて、挽きたてのコーヒーが話に花を咲かせてくれますlovely

華を咲かせるものがもう一つ、綾町本物センターで買ったヨモギ団子smile

おいしいわ~~heart04

Img_1091

その弟子6号の2個目のざる。

ほぼ完成です。あとは縁竹周囲の籐紐巻きのみ。

なのでこの日は3個目のひご作りにいそしんでいました。

Img_1100段々ペースが上がってきましたヨ~~up

Img_1092 師匠の試作品、六目編みのワインかご。

完成していました。

細々とした仕上げは今からですが、早速弟子1号がこれを作ろうとひご作りに挑戦していました。

Img_1101 クロスケも早く作りたいのに、中々うまくいきません、たらしのかごbearing四苦八苦ですsad

2018年10月 3日 (水)

運動会。

土曜日、孫娘達の運動会がありました。

場所は薩摩川内市、「サンドームせんだい」という立派な全天候型の体育館です。

なので雨であろうと全く関係なく行われます。

Img_0196 昨年は2歳児クラスだった孫娘も今年は3歳児クラスになり、7月には4歳になりました。

それに未満児クラスには弟も入園したので、ちょっぴりお姉さんになりました。

ダンスもかけっこも昨年と比べれば上出来upsmile

ダンスの時は何度も何度もこちらを見て手を振るし、かけっこの際などは一番ビリで走っているにもかかわらず、満面の笑みを浮かべて父母席にいる私達に手を振りながら走って行き、観客の笑いを誘いましたcoldsweats01

昨年は観客席の私たちを見つけることもできなかったのに、大いなる成長ですwink

Img_0204 久々に会う孫たちは、ホント、カワイイheart04

次の日曜日。

外は台風の雨嵐の中、お昼にソーメンチャンプルの味付けをお嫁ちゃんに頼まれた息子のそばでつかまり立ちのチビ孫クンheart04

孫娘は4歳。

絵本読んでも、何をしても「何で?」「何で?」のお年ごろsweat01

最初はとっても気長に答えていたクロスケでしたが、いい加減面倒になってなんかいい手はないかと思案。

「何で、何で」と言われた後に、「何で」と逆質をしてやりましたsmile

そして二人で大笑いhappy02

面白いなぁ~~、小さい子たちlovely

どうぞ元気に育ちますようにconfident

2018年10月 1日 (月)

ハランバンジョー。

孫娘達の保育園の運動会に行ってきました。

この台風の中、ですtyphoon

土曜日は朝早くに出発したので、何事もなく予定通りに到着。

問題は昨日の話sweat01

高速は通行止めがわかっていたので、一般道を走るかどうするか迷ったのですが、置いている猫の事や、家の事、仕事もあるしで結局一般道を走る決心をして、予定通りなら薩摩川内から我が家までは3時間半くらいでしょうか。出発しましたrvcar

車は順調に小林を過ぎ、野尻を過ぎ、高岡の手前まで進んだところで土砂崩れの為Uターンを余儀なくされました。

小林あたりで確かにそういう看板が出ていたにもかかわらず、他の車も行ってるから大丈夫じゃないかと軽く見たのがそもそもの間違いでした。

高岡を目の前にして、268号線を野尻までUターン。

野尻から高崎に行って10号線を目指せと言われたのですが、高崎に行くまでがまた通行止め。

また野尻まで引き返し、高原に行くしかなく、そこから10号線を目指したのですが、山之口付近でナビの言うことを聞かず、Uターンしようとした所がぬかるんでいて車のタイヤが嵌ってしまってとうとう動けなくなってしましましたshock

もう真っ青shock

廻りは真っ暗だし、胃は痛くなるし、泣きたくなりました。

落ち着いて、落ち着いて・・・。

JAfに連絡したのですが、会員じゃなければ今日は大混雑でと、断られてしまい、じゃあどうすればいいの、と聞けば任意保険にレッカーの移動サービスがあれば来てくれるということでした。

これがほんとに神の助け。

8月に更新したときに、弟子1号の息子ちゃんがJA職員なのですが、そのつてでJA共済に乗り換えていたのですが、そのサービスをつけてくれていましたcoldsweats01

夜の団欒タイムに電話をかけて騒がせてしまったけれど、おかげさまでレッカー車は25分ほどで現場に来てくれました。

何とか抜け出せたものの、そこから10号線で向かっていると、結局倒木の為10号線も通れず万事休すshock

後は269の田野を通る道しかなく、それでも無事夜の10時前に市内の明かりが見えた時は涙が出るほど懐かしく、ありがたく映りました。

波乱万丈の一日。

思えば出発したときにスムージーを1本持って少しづつ飲みながら運転していたのですが、それ以外飲まず食わず、トイレにも行かずで、6時間。

よく頑張ったなぁ、私sad

良かったことはガソリンもたっぷり入っていたこと。スマホも充電がなされていたこと。

何よりも車動かなかったら迎えに来てくれると言ってくれた友人弟子1号のコトバlovely

感謝、感激です。

そして無理しないこと、ですね。それが一番悪かったbearing

でもこの経験で、又一回りパワーアップした感ありのクロスケでしたsmile

今日は台風一過、昨日のコトが嘘のような青い秋の空です。

被災された方々の暮らしも、どうぞ早く元通りになりますように。

わが社の作業場もあれこれ壊れたり、飛ばされたりと悲惨な状況のようですsweat01

2018年9月28日 (金)

圧力鍋の話。

先日の誕生日のプレゼントに長男夫婦からティファールの圧力鍋をもらいましたheart04

前に使っていたものが、どうしても圧が抜けてしまって使い物にならないとこぼしていたのを息子が聞いていたんですね。

圧力鍋があると、豚のスペアリブとか煮るのに手間がかからず、しかも早く煮えるからとても便利なのです。

息子も、孫娘もこのスペアリブのマーマレード煮が大好物なので、圧力鍋は「情けは人の為ならず 廻り回って己が為」と思ったのか、そうでないのか(笑)

まぁ、クロスケにとってもタイムリーなプレゼントでした。

ありがとう~~lovely

で、早速あすは孫娘達の保育園の運動会shoe

あれ作って来て、これ作って来てと要求が高い(笑)

圧力鍋をもらった手前、ご要望にお応えして作っていかねばと思っているところですsmile

薩摩川内市は原発があるからか、よくわかりませんが地方交付税が豊富なのでしょうね。

とても立派な運動施設があり、その一角に全天候型の体育館もあって、そこで毎年運動会が開催されます。なので、雨でも、晴れでも嵐でもあまり関係ないようです。

クロスケ宮崎からはるばる早起きしていくのはいいけど、明後日は台風24号が来るというのに、どうするんだろ??

帰ってこれるか心配ですcatface